Copyright HISHIOKA INDUSTRY Co., Ltd. All Rights Reserved

菱岡工業

Copyright HISHIOKA INDUSTRY Co., Ltd. All Rights Reserved

社長
メッセージ

代表取締役 岡田 亜紀
代表取締役 岡田 亜紀
元幼稚園教諭、現菱岡工業の3代目社長。
子ども好きで、プライベートでは
1児の母として育児にも奮闘中。

きめ細やかなサポートで
創造的な提案・技術と
働きやすさに挑戦します

当社は三菱電機(株)様のパートナー企業として、工場やビル、スーパー、コンビニといった場所に設置される業務用エアコンや業務用冷凍機などの製造を主に手がけています。中でも制御機器や電気機器のハーネス加工、板金加工、さらに組立まで担える幅広い技術力が強みです。同業の会社は数々ありますが、製品を一貫生産できるところは多くないと自負しています。お客様のご要望には積極的に対応させていただき、時には当社からアイデアをご提案させていただくこともあります。指示されたままを作るだけの会社ではなく、常によりよい製品をご提供できるよう、高品質なものづくりに取り組んでいます。

今の当社があるのは、公私のつながりで出会った人々とのご縁のおかげです。私はもともと幼稚園教諭で、この会社を継ぐ予定はありませんでした。約20年前、社長をしていた父が突然他界し状況が一変。急きょ後を継いだ私に不安を訴える社員もいましたし、去っていく人も続出。展望が見えない中、「私が社員を守る」と決意。残った社員が、そんな私を支えてくれました。 これからも周囲への感謝を忘れず、誰もが楽しく働き続けることができる会社にしたいと思っています。障がい者や高齢者の雇用に力を入れているのも、いろんな立場の人たちが一緒に働ける環境を作りたいからです。障がい者雇用のきっかけは支援学校のインターンシップの受け入れでしたが、その後実際に入社してもらって、なくてはならない存在に成長してくれましたし、従業員同士での理解も深まりました。
2018年には企業主導型保育事業(企業内託児所)や社員食堂、おしゃれなカフェも併設した新社屋を建設し、より働きやすい環境を整備していく予定です。今後も三菱電機(株)様をはじめ他の得意先様からも必要とされるパートナー企業No.1を目指します。

社長、
聞いてもいいですか?
会社のこと、社員のこと。

社長、聞いてもいいですか?会社のこと、社員のこと。TRY!
社長室長 社長

TRY!

会社のこと、社員のこと、これまでのこと、これからのこと。
社長室長をお相手に、普段は改まって聞けないことも
ざっくばらんにお話してもらいました。

室長
社長、今日は不躾にいろいろ聞いちゃいますが、よろしくお願いします。
社長
大丈夫ですよ。よろしくお願いします。
室長
菱岡工業の「トライ」スピリッツはやはり社長から始まっていると思うんですよね。実際どうでしたか? 突然先代が他界されて社長を継ぐとなった時って。
社長
そうですね。やっぱり女性なんで子どもができたらすぐ辞めるんじゃないかって言われましたし、会合ではコンパニオンさんと間違えられるし。父が突然他界した混乱で辞めていった人たちも私が男性だったら半分で済んだんじゃないかって考えましたよね。
室長
そこは女性ならではのお悩みですよね。逆に女性経営者だから良かった部分ってありますか?
社長
製造業で女性経営者って珍しいので、覚えてもらいやすいですよね。それに自分自身がいま子育て中なので、働くお母さんたちのご苦労もより実感できます。
室長
来年完成予定の新社屋で保育事業を始めるのは、だからなんですね。
社長
女性が子育てのために仕事を辞めなくてもいい環境を作りたくて。なんだったら、仕事中でも授乳できるようにしたいんです。
室長
そこまで!
社長
それで仕事を続けられる女性が増えればいいですよね。もちろん男性社員が子どもを預けてくれてもいいんです。
室長
社員の働きやすさってことですね。実際やる気がある人にはとことんサポートする社風ですよね。研修制度も正直大企業以上じゃないかって常々思っていたんです。
社長
やる気のある人にはチャンスをあげたいですよね。アルバイトの人だってそこは同じで、希望すれば社員同様に研修を受けられるようにしています。それでスキルが上がれば正社員として働いてもらえればいいですよね。
室長
本当に1人1人をよく観察してらっしゃいますよね。
社長
現場に入っていた時と違って、最近はそこまで関われていませんけど、今もお給料を毎月手渡ししているので、必ず月に1回1人1人と会うじゃないですか。気になる人がいたら声をかけるようにしています。
室長
会社運営のことで心がけていることってどんなことでしょうか?
社長
常々思っているのは「誰でもできることを、誰にもできないくらいやり抜くこと」「どこでもできることを、どこにもできないくらいやり抜くこと」。そういう会社にしていきたいんですよね。
室長
例えばどういう部分でしょう?
社長
納期的な部分もですし、技術力や提案力も。下請け製造業として付加価値を上げてお客様にいかに必要と思ってもらえるかが大事だと思います。
室長
今後やりたいことってズバリなんですか?
社長
10年前に板金加工にトライしたことは菱岡工業にとって大きな転機だったんですよね。またチャンスをつくって何か別の新しいことができたらいいですよね。また社員がもし自社製品を作りたいというならサポートしたいし、やりたいことを叶えてあげたいなって思います。
室長
次なる展開がますます楽しみになってきました。ありがとうございます。
社長
これからもよろしくお願いします。
  • HOME
  • 社長メッセージ
PAGE TOP